メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よさこい祭り

盛り上げよう きょう開幕 世界展開へ「親善大使」 6カ国19人招く /高知

カナダの「よさこいアンバサダー」が所属する「桜舞トロント」=高知県提供

 第63回よさこい祭りが9日、中央公園(高知市帯屋町)での前夜祭と鏡川河畔の花火大会で開幕する。よさこい踊りが17カ国・地域(県調べ)に広がったのを受け、県は国際交流を目的に今年初めて6カ国19人の外国人を高知に招待し、「よさこいアンバサダー」に認定する。「チームの代表者らを高知に招き、本家の踊りを見て、踊って、交流してもらい、自国や隣国に広げてもらう」(山崎生・おもてなし課長)のが狙いだ。【村瀬達男】

 同課によると、よさこい踊りが根付くのは、米仏蘭独豪加をはじめ、スウェーデン、ポーランド、ブラジル、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で
  4. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです