メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よさこい祭り

盛り上げよう きょう開幕 世界展開へ「親善大使」 6カ国19人招く /高知

カナダの「よさこいアンバサダー」が所属する「桜舞トロント」=高知県提供

 第63回よさこい祭りが9日、中央公園(高知市帯屋町)での前夜祭と鏡川河畔の花火大会で開幕する。よさこい踊りが17カ国・地域(県調べ)に広がったのを受け、県は国際交流を目的に今年初めて6カ国19人の外国人を高知に招待し、「よさこいアンバサダー」に認定する。「チームの代表者らを高知に招き、本家の踊りを見て、踊って、交流してもらい、自国や隣国に広げてもらう」(山崎生・おもてなし課長)のが狙いだ。【村瀬達男】

 同課によると、よさこい踊りが根付くのは、米仏蘭独豪加をはじめ、スウェーデン、ポーランド、ブラジル、…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1057文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]