メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オバマ大統領

ゴルフ300回 歴代3位「ハンディ13」

 【ワシントン会川晴之】6日から大統領として最後の夏休みに入ったオバマ米大統領は7日、保養先の米東部マサチューセッツ州のマーサズ・ビンヤード島でゴルフに興じた。2009年1月の大統領就任以来、300回目のラウンド。ウィルソン大統領(在任期間1913〜21年)の1200回、アイゼンハワー大統領(同53〜61年)の約800回に続く回数だ。

     オバマ氏は有名プロゴルファーのタイガー・ウッズ氏や政治家とのプレーもあるが、大半は同僚と余暇を楽しむ傾向が強い。歴代大統領と違い「仕事の話はせず、スポーツや家族の話が中心」のスタイル。紳士的なフェアプレーがモットーだ。

     アーネスト大統領報道官はオバマ氏のゴルフの腕は「最高国家機密」とはぐらかしたが、オバマ氏は先週初めて「ハンディキャップは13だ」と明かした。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁 週明けに都心も大雪警戒 低気圧通過、強い寒気
    2. 鹿児島の公園 刺された女子高生「振り向きざま後ろから」
    3. 殺人未遂 女子高校生ナイフで刺す、中学生逮捕 鹿児島
    4. 記者の目 仙台の父親刺殺、懲役11年判決 深刻な面前DV、調査急げ=坂根真理(生活報道部)
    5. 鹿児島の女子高生刺傷 あす1週間 住民の不安消えず 登下校の安全確保を強化 刃物発見も、男立ち去る /鹿児島

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]