メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生前退位

ドイツ人、陛下に同情 前駐日大使

天皇陛下との思い出や近年の象徴天皇のあり方などについて語るフォルカー・シュタンツェル前駐日本ドイツ大使=ベルリンで、中西啓介撮影

 【ベルリン中西啓介】天皇陛下が生前退位の意向をにじませたビデオメッセージを公表されたことを受け、駐日ドイツ大使として陛下と交流があったフォルカー・シュタンツェルさん(67)が9日、取材に応じ「陛下は一般市民と積極的に対話され、外国を定期的に訪問されるという『現代の天皇像』を作られた」と話した。

 シュタンツェルさんは、天皇陛下が過去との関わりという点で、天皇の伝統的な役割を大…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです