メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマートフォンに届いたピンポイント天気予報を確認し、栽培に生かす農家=ハレックス提供

 天候に左右されやすい農業。ITや人工衛星、ドローンといった先端技術を活用し、気象情報や農作物の生育状況をきめ細かく把握する取り組みが増えている。

 「常に自然と向き合っている農家は、自分の畑の天気予報を欲しがっている」。各地の農家に1キロ四方のピンポイント天気予報を提供しているハレックス(東京)の越智正昭社長は話す。NTTグループの気象予報会社で、2013年から提供を始めた。

 気象庁の一般向け予報は、自治体ごとなど広いエリアが対象だ。だが、日本の農地は中山間地が4割を占め、…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1513文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです