メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマートフォンに届いたピンポイント天気予報を確認し、栽培に生かす農家=ハレックス提供

 天候に左右されやすい農業。ITや人工衛星、ドローンといった先端技術を活用し、気象情報や農作物の生育状況をきめ細かく把握する取り組みが増えている。

 「常に自然と向き合っている農家は、自分の畑の天気予報を欲しがっている」。各地の農家に1キロ四方のピンポイント天気予報を提供しているハレックス(東京)の越智正昭社長は話す。NTTグループの気象予報会社で、2013年から提供を始めた。

 気象庁の一般向け予報は、自治体ごとなど広いエリアが対象だ。だが、日本の農地は中山間地が4割を占め、…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1513文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  3. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです