メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波踊り

「ぞめき」「ヤットサー」鳴り響く 徳島で開幕

阿波踊りが開幕し、軽快なリズムに乗って踊る踊り手たち=徳島市で2016年8月12日午後6時57分、貝塚太一撮影

 徳島の夏を彩る阿波踊りが12日、徳島市中心部で開幕した。15日までの4日間、延べ約900の「連」と呼ばれる踊りグループの熱気が街にあふれ、笛やかねが奏でる軽快な2拍子のリズム「ぞめき」と「ヤットサー」の掛け声が鳴り響く。

 藍場浜公園(徳島市藍場町)に仮設された有料演舞場では、午後6時前に開始の合図で踊り手が登場。そろいの法被姿の男女が腰を低く落として力強く舞う「男踊り」や、浴衣姿に編みがさの女性が手を高く上げてしなやかに舞う「女踊り」を披露した。

 今年は開催期間に土日が入るため、実行委員会は昨年(123万人)を上回る人出を見込んでいる。外国人観光客も増えており、徳島県警は英語と北京語に堪能な警察官9人を初めて配置して、案内やトラブル対応に当たる。【松山文音】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 風疹 流行続く 患者127人増

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです