メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「暮しの手帖」企画展

「商品テスト」など20冊 静岡 /静岡

 NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主人公、大橋鎮子(しずこ)さん(1920〜2013年)らが創刊した「暮しの手帖」の企画展が静岡市葵区の市女性会館図書コーナーで開かれている。31日まで。

 暮しの手帖は、大橋さんと初代編集長の花森安治さんが1948年に創刊した。発行部数を大幅に押し上げたと言われる名物企画の一つが「商品テスト」。トースターやベビーカー、洗濯機などを実際に使ってみて、辛口に批評した。そのため今も企業広告は載せていない。

 会場には、商品テストの第1回で、靴下の履き心地や色のはげ方を素材別に検証した第26号(54年発行)…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです