メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ジムの汗から=玉木研二

 <ka−ron>

 恐る恐るのぞくと同世代の若者たちが汗を流している。何度かためらった後、思い切って宮崎市のボクシングジムに入門した。今39歳の乗松優(のりまつすぐる)さんが20代の初め、宮崎公立大学でメディア論を学ぶ学生だったころだ。

 経験はない。何かに打ち込んで自分を変えられないか。衝動的な思いからだった。

 練習生には女性看護師もいた。強かった。負けが込んでもアルバイトをしながら続ける寡黙な選手もいた。み…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1004文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  2. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  5. 宮崎 霧島連山の硫黄山噴火 噴火警戒レベル3に引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]