メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ジムの汗から=玉木研二

 <ka−ron>

 恐る恐るのぞくと同世代の若者たちが汗を流している。何度かためらった後、思い切って宮崎市のボクシングジムに入門した。今39歳の乗松優(のりまつすぐる)さんが20代の初め、宮崎公立大学でメディア論を学ぶ学生だったころだ。

 経験はない。何かに打ち込んで自分を変えられないか。衝動的な思いからだった。

 練習生には女性看護師もいた。強かった。負けが込んでもアルバイトをしながら続ける寡黙な選手もいた。み…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1004文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです