メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツル多はげます会

光っている「ハゲ川柳」出版

16日に出版される本をPRする「ツル多はげます会」の成田晃生幹事長=青森県鶴田町で2016年8月12日午後4時22分、佐藤裕太撮影

 「ハゲっぷり いつも社長と間違われ」−−。薄い頭髪を明るい笑いのネタにする青森県鶴田町の「ツル多はげます会」が16日、会員らの句を集めた「ハゲ川柳」(河出書房新社)を出版する。

 同会は1989年に結成。昨年11月にはハゲ頭に吸盤で付けたひもを引っ張り合う「吸盤綱引き全国大会」も開催。タレントのモト冬樹さんも参加して盛り上がり、大きな話題になった。

 同会の成田晃生幹事長(79)は「コンプレックスを抱える人が明るくなれる本です」とアピール。「新天地 今がチャンスだカツラ脱ぐ」。多くの句に前向きな言葉の数々が光っている。【佐藤裕太】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. ボクシング 比嘉ぼうぜん 記録、信頼…失ったもの多く
  4. 比嘉王座剥奪 具志堅会長「ファンに申し訳ない」
  5. 尼崎脱線 亡き兄に誓った救命の道 ICUの看護師に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]