メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしQ

はじめての福島学 「忘れずにいることが支援」 /九州

「福島に足を運んで自分の目で見てほしい」と話す番場さん

 2011年3月の福島第1原発事故から間もなく5年半。震災後に福島県南相馬市で若い母親や子供らを支援してきた「ベテランママの会」代表の番場さち子さん(55)は「忘れずにいてくれるのが支援になる」と話す。福島の現状を学ぼうと、番場さんや東京電力関係者を招いて福岡市で7月に開かれたセミナー「はじめての福島学in 福岡」をリポートする。【川上珠実】

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1525文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
  3. 吉本興業 「第2の華丸・大吉」は 福岡に養成校続々
  4. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
  5. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]