メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしQ

はじめての福島学 「忘れずにいることが支援」 /九州

「福島に足を運んで自分の目で見てほしい」と話す番場さん

 2011年3月の福島第1原発事故から間もなく5年半。震災後に福島県南相馬市で若い母親や子供らを支援してきた「ベテランママの会」代表の番場さち子さん(55)は「忘れずにいてくれるのが支援になる」と話す。福島の現状を学ぼうと、番場さんや東京電力関係者を招いて福岡市で7月に開かれたセミナー「はじめての福島学in 福岡」をリポートする。【川上珠実】

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1525文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです