メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 遺伝子解析技術の進歩によって、患者の少ない希少疾患の原因解明に光が当たりつつある。世界の研究機関と希少疾患に関する情報を共有化することで、原因も分からずに苦しんでいた患者の病名を突き止められるようになってきており、治療法の開発にも期待がかかる。【須田桃子】

遺伝子、世界の症例と照合

 「なぜだろうと、ずっと思ってきた。原因が分かってほっとした」。慶応大病院(東京都新宿区)で7月半ば、群馬県の男性(22)が両親とともに診断結果を医師から伝えられた。50代の母親は、その時の心境をこう語った。

 知的な障害のある男性は疲れやすく、足首を固定する装具を着けながら作業所で働いている。生後間もないこ…

この記事は有料記事です。

残り1785文字(全文2080文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  3. IR実施法案 カジノの客、観光する? 政府は誘導丸投げ 専門家から批判
  4. 猛暑の日本列島 熱中症、3連休で14人死亡
  5. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]