メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

学生音楽コンクール東京大会予選

 第70回全日本学生音楽コンクール東京大会の予選審査会を一般公開します。ピアノ、バイオリン、声楽、フルートの4部門に、小学生から大学生までの計752人が参加。10月の本選審査会を目指して腕を競います。日程などは次の通りです。チェロ部門地区大会は本選審査会と同時期に開催します。

     <ピアノ部門>小学校の部(参加103人)=9月17、18日▽中学校の部(100人)=8月28、29日▽高校の部(130人)=9月1〜3日<バイオリン部門>小学校の部(64人)=8月25日(26日は審査なし)▽中学校の部(77人)=同30、31日▽高校の部(56人)=9月5日(6日は審査なし)<声楽部門>高校の部(81人)=同14、15日▽大学の部(48人)=同16日<フルート部門>中学校の部(21人)=同11日▽高校の部(72人)=同12日※開演時間はピアノ部門、声楽大学、フルート高校が午前10時、バイオリン小学、高校は午後0時半、バイオリン中学、声楽高校、フルート中学は午後1時<会場>東京オペラシティリサイタルホール(東京都新宿区西新宿3の20の2)<入場料>全席自由2100円(当日券のみ)。開場と当日券の発売は、各日とも開演の30分前。未就学児は入場不可<問い合わせ>毎日新聞社事業本部(03・3212・0804、平日午前10時〜午後6時)、予選開催日のみ会場臨時電話(03・3375・5070)

     主催 毎日新聞社/後援 NHK/特別協賛 かんぽ生命/協賛 ANA

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    2. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
    3. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞
    4. サワラ漁 播磨灘で始まる かつてない大漁 洲本 /兵庫
    5. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]