メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AI革命

/2 農家、後継ぎはロボット 最先端化に活路

スプレッドが運営するレタスの野菜工場。現在は有人だが、新工場では全自動化を目指す=京都府亀岡市で小関勉撮影

 日本のレタス生産が最新技術で変わろうとしている。

 京都府木津川市に高さ約15メートル、延べ床面積3500平方メートルの「工場」建設が計画されている。完成後には無人の場内に、土不要の水耕栽培のレタス栽培棚が十数段積み上げられた高さ約10メートルのユニットが多数並ぶ。センサーで気温・湿度は常に一定に保たれ、発光ダイオード(LED)の照明が一定時間照射する。棚はリフト機やベルトコンベヤーで移動する。虫や菌の侵入防御も完璧だ。育苗から収穫まで自動化され、一定の品質のレタスが生産・出荷される予定で、まるでロボットを駆使した工業製品の工場を思わせる。

 この最新鋭のレタス工場は2017年秋に稼働する予定だ。運営するのは京都市の「スプレッド」。既に京都…

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1391文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 働き方法案可決 人の命かかってるのに 傍聴席ぼうぜん
  2. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  3. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  4. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  5. 水族館 ヒョウモンダコが産卵 触手で抱えるように 長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]