メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うながっぱ

「最高気温の街」で大忙し

「うながっぱうちわ」の無料プレゼントデーで子供たちに囲まれるうながっぱ=岐阜県多治見駅北の虎渓用水広場で4日、小林哲夫撮影

 岐阜県多治見市が当時の日本最高気温40.9度を記録した2007年8月16日に誕生した市のマスコットキャラクター「うながっぱ」が、厳しい暑さの中で大活躍している。土岐川の河川敷でのイベントに登場したり、多治見駅北の虎渓用水広場で「うながっぱうちわ」を配布したりと大忙し。今年は誕生から10年目となるが、キャラクターグッズは100種類を超える人気ぶりで、市のPR大使役を一手に引き受けている。うながっぱに注がれる市民の視線は熱い。【小林哲夫】

 「うながっぱ」は06年に「ながせ商店街活性化検討委員会」が、商店街のシンボルのカッパと名物のウナギ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです