メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボローニャ国際絵本原画コンクール

明石出身、名司生さん初入選 民話の世界、ユーモラスに /兵庫

入選した「コロポックル」(5枚組みの中の1枚)

 世界的な絵本作家の登竜門とされる今年の「イタリア・ボローニャ国際絵本原画コンクール」(イラストレーションコンクール)に明石市出身のイラストレーター、名司生(なつき)=本名・川崎夏生=さん(24)が初めて入選した。作品「コロポックル」は、民話に出てくる小さな人々を素材に、動植物との関わりを描いた。20日から西宮市大谷記念美術館で始まる「ボローニャ国際絵本原画展」(毎日新聞社など主催)で展示される。2度目の挑戦で難関を突破した名司生さんは「入選はうれしい。これからも民話などに興味を持ち、描いていきたい」と話している。【伊地知克介】

 コンクールは1967年、国際的な児童書専門のブックフェアに併設された行事としてイタリア北部の古都・…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです