メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊治療保険

各社及び腰 保険金高く設計困難

 金融庁が今年4月、不妊治療にかかる費用を補償する民間の医療保険を解禁したものの、生命保険各社が販売に二の足を踏み、保険が発売されない状況が続いている。当初から商品設計の難しさが指摘されてきたが、金融庁が見切り発車で解禁に踏み切っており、保険発売を期待していた人たちは肩すかしを食った形となっている。【中島和哉】

 体外受精と顕微授精の「特定不妊治療」は公的な健康保険の対象にならず、治療1回あたりの患者負担は30…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1258文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです