メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

プラネタリウムを巡る旅 国内に300以上、投影機製造は世界の半分近いシェア

 日本にあるプラネタリウムは300以上。そのうち「高い所にある」「大きい」「船上」「最長寿」など珍しい場所を訪ねる「全国プラ『レア』リウム33箇所巡り」という企画が今真っ最中だ。日本は米国に次ぐプラネタリウム大国。星を知るには絶好の機会だ。【関野正】

 プラネタリウムは1923年、ドイツの光学会社、カールツァイス社が最初に製作。「第一次世界大戦後の復興は科学の振興から」を合言葉に、ドイツ博物館などが星空を再現する装置の製作を同社に依頼したのがきっかけだ。

 投影機は大きく分けて「光学式」と「デジタル式」の2種類ある。光学式は、中心に光源となる電球やLED…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1110文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 選挙 狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京
  5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]