メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼平を歩く

江戸・東京今昔/40 部下の不祥事 永代橋 手柄競い自白強要 /東京

永代橋から隅田川を望む。右側に長谷川平蔵の孫宣昭が管理職を務めた御船手組の屋敷があった

 裁判を指揮しながら初めて訴状に目を通す。難しいところは飛ばし読みして思案する。この事件、与力の誰に担当させようか……。

 幕末の1865年から9カ月間、南町奉行を務めた山口直毅(1830〜95年)が明治になって明らかにした裁判初日の秘話。部下の与力がその後の実質審理を進めた。旧幕臣の証言集「旧事諮問録」に収録されている。

 町奉行は現代の都知事、警視総監、東京地裁所長、東京消防庁の消防総監を兼ねる役職。超多忙だ。町奉行所…

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1456文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです