メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼平を歩く

江戸・東京今昔/40 部下の不祥事 永代橋 手柄競い自白強要 /東京

永代橋から隅田川を望む。右側に長谷川平蔵の孫宣昭が管理職を務めた御船手組の屋敷があった

 裁判を指揮しながら初めて訴状に目を通す。難しいところは飛ばし読みして思案する。この事件、与力の誰に担当させようか……。

 幕末の1865年から9カ月間、南町奉行を務めた山口直毅(1830〜95年)が明治になって明らかにした裁判初日の秘話。部下の与力がその後の実質審理を進めた。旧幕臣の証言集「旧事諮問録」に収録されている。

 町奉行は現代の都知事、警視総監、東京地裁所長、東京消防庁の消防総監を兼ねる役職。超多忙だ。町奉行所…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. どうすれば安全安心 迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って
  3. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  4. 博多の中1女子死亡 柔道事故 大外刈りの受け身練習、「時期尚早の可能性」 第三者委が指摘 /福岡
  5. 柔道事故 練習で中学生重体 体格差69キロ 群馬・館林

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです