メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

羽田新ルート20年照準 低空で都心縦断、発着枠増 五輪・訪日客増に対応

羽田空港の新離着陸ルート

 羽田空港の国際線の発着枠を増やそうと、東京都心を低空で通過して離着陸する飛行ルートが新たに設定される見通しとなった。国土交通省は東京五輪・パラリンピックがある2020年までに実現させ、訪日外国人客の増加につなげたい考えだ。一方で、ルート下の住民には騒音や落下物などへの懸念が消えない。【内橋寿明、早川健人】

 東京・霞が関で先月28日にあった国と地元自治体との協議会。「国の取り組みにできうる協力をさせていた…

この記事は有料記事です。

残り2049文字(全文2253文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. 豚コレラ 愛知県、ワクチン散布 野生イノシシに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです