メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スパコン「京」で再現した地球全体の全球シミュレーション画像(右)と870メートルの格子間隔で再現した台風=理研AICS複合系気候科学研究チームの吉田龍二特別研究員提供

 現在の天気予報にはスーパーコンピューターの力が欠かせない。膨大な観測データをスパコンで処理し、気象予報士が総合的に判断している。ちょうど台風のシーズン。世界でもトップクラスの能力を誇るスパコン「京(けい)」による台風のシミュレーション画像を素材に、天気予報や防災にスパコンが果たす役割を見てみよう。

 ●870メートル間隔で解像

 画像は、2012年8月25日の台風15号の様子を「京」でシミュレーションしたものだ。地球全体の表面…

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1606文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです