メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2015年7月30日午後1時40分に千葉・房総半島上に発生した積乱雲。神奈川県横須賀市の防衛大学校から望む=小林文明・同大教授提供

 局地的豪雨や竜巻など、災害に直結するような積乱雲の発生を正確に予測することは、現代科学をもってしても難しい。一方、積乱雲をいかに早く見いだすかは、社会的な課題となっている。

 そのためには「積乱雲の卵」をさまざまな「目」で見つけ出す必要がある。降水粒子の密度が一定値を超える時点をとらえる「ファーストエコー」は、通常の気象レーダーで検出可能である。これは、最初に観測される雲の中の降水域で、いかに精度良く探知するかはレーダー気象学上の大きなテーマである。さらに、精度が…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです