メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

大竹しのぶ 希代の悪女、大阪弁で怪演 27日公開、映画「後妻業の女」主演

映画「後妻業の女」に主演の大竹しのぶ=平川義之撮影

 誰もが魅了される圧倒的な演技力で、時に、役が乗り移る「ひょう依型」とも評される天才女優が次に演じるのは、希代の悪女。「共感できるところは、一つもない」。そう語りながら、静かにほほ笑む横顔は、悪女とは似ても似つかない。

 映画「後妻業の女」(27日から全国公開)では、孤独な老人に近づき、財産を巻き上げる主人公・小夜子を怪演した。「やっていることは、とてつもなくひどいことだけれど、絶対に揺るがない自信に満ちあふれていて、前向きな人。次に何をやらかすんだろう、みたいな興味深さはあったので、演じていて面白かった」と振り返る。

 大阪が舞台の作品だけに、大阪弁に苦労した。「『得意な料理はサバのみそ煮です』というセリフの『サバの…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文772文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです