メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災遺児のグリーフケアについて学ぶボランティア養成講座の参加者ら=仙台市青葉区の仙台レインボーハウスで

 人には必ず死が訪れる。だが病気や災害、事故といった予期せぬ出来事で親しい人を亡くした時、気持ちを整理するのは簡単ではない。死の悲しみ(グリーフ)との向き合い方や周囲の対処法を探った。

 ●震災遺児サポート

 東日本大震災で家族を亡くした遺児の心のケアを担う拠点施設「仙台レインボーハウス」。年に数回、遺児をサポートするボランティアの養成講座が開かれている。参加者はまず、自身のグリーフを振り返る。「5歳の時、潜水士の父が仕事中に事故で亡くなりました。同じ境遇の人はいないし、母にも心配をかけまいと、話せずつらかった」。50代の男性が、ぽつぽつと語り始めた。

 「自分のグリーフと向き合ってからでないと、他人のケアはできない。自分と相手の感情を混同しないように…

この記事は有料記事です。

残り2300文字(全文2627文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです