メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイオマス発電

オリックスとMOT総研、北九州市に建設 440億円投資

 オリックスと、山口大学発コンサルティング会社、MOT総合研究所(山口県宇部市)などの企業連合体が、北九州市の響灘地区で木質ペレットなど植物由来の燃料のみを使う専焼(せんしょう)式バイオマス発電所をそれぞれ建設することが分かった。オリックスの発電出力は5万キロワットで、専焼式バイオマス発電として国内最大級になるという。発電開始時期は、早ければ2020年ごろになるとみられる。投資額は計約440億円。

 北九州市は響灘地区で民間開発によるエネルギー拠点化を進めており、運営事業者を公募。同市が今月18日…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文673文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです