メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイオマス発電

オリックスとMOT総研、北九州市に建設 440億円投資

 オリックスと、山口大学発コンサルティング会社、MOT総合研究所(山口県宇部市)などの企業連合体が、北九州市の響灘地区で木質ペレットなど植物由来の燃料のみを使う専焼(せんしょう)式バイオマス発電所をそれぞれ建設することが分かった。オリックスの発電出力は5万キロワットで、専焼式バイオマス発電として国内最大級になるという。発電開始時期は、早ければ2020年ごろになるとみられる。投資額は計約440億円。

 北九州市は響灘地区で民間開発によるエネルギー拠点化を進めており、運営事業者を公募。同市が今月18日…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文673文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. WEB CARTOP 事故や事件を目撃! 緊急時でも走行中に110番通報するのは違反?
  3. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  4. 男子学生遺体 日立の河川敷に /茨城
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]