メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

象徴天皇制の課題=増田寛也・元総務相

=中村藍撮影

全体像の冷静な議論を

 筆者は先月、東京都知事選に立候補し、結果は落選であった。敗因はこの東京をどのようにしていくかという思いや覚悟を、有権者にうまく伝えられなかったということではないだろうか。政治には「情と理」の部分があるといわれる。準備の時間の無さを考えれば「理」を優先させるべきで、出馬という決断は無謀だったかもしれない。しかし、前の2人の知事が「政治と金」で失脚し、都政は非常事態の中にある。誰かが火中の栗(くり)を拾わなければならない。このような思いが筆者を出馬に向かわせた。それにしては、知事になって東京をこのように変えてみせるという、心の底から湧きでる執念のようなものを伝える時間が足りなかった。

 今後の知事選に向けての問題提起を一つ。告示後、テレビで他の候補者と政策論争をやりたかったし、実際、…

この記事は有料記事です。

残り1387文字(全文1741文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです