メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

蔡政権発足3カ月 「一つの中国」続く攻防 台湾、アジアと連携に腐心

 台湾で独立志向が強い民進党の蔡英文政権が発足して20日で3カ月を迎えた。蔡政権は中長期的に中国依存から脱却し、他のアジア諸国との多元的な交流を模索している。米国や日本との関係強化も大きな課題だ。一方、中国は蔡政権に「一つの中国」原則受け入れを迫るが、蔡政権は「台湾の民意」を背景に、受け入れを避けており、双方の駆け引きが続いている。

 「この3カ月間、我々はできる限り(中国との)安定的な関係を維持してきた。正式な対話メカニズムは回復…

この記事は有料記事です。

残り2604文字(全文2821文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです