メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『アントニウスとクレオパトラ 上・下』=エイドリアン・ゴールズワーシー著

 (白水社・各3672円)

様々な史料の解釈から事実に迫る

 男尊女卑が当たり前、男の浮気は大目に見られ、女の浮気には厳しい目が光る。そのような時代に、男と女の間に愛情が芽生えたとすれば、いかなるものであったのだろうか。

 21歳のクレオパトラが52歳のカエサルと出会ったとき、彼女はおそらく処女だったのではないか、と著者は推測する。姉弟婚の夫であるプトレマイオス13世は13歳にすぎず、しかもエジプトの覇権をめぐって対立していた。クレオパトラはなんとしてもカエサルの好意を勝ちとることに賭けていた。未熟だったろうが、聡明で美しかったから、世界の最高権力者にも抗しがたい魅力があっただろう。

 カエサルには妻がいたが、婚外交渉を気にとめることなどありえなかった。人妻をしばしば誘惑していたが、…

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文2009文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです