メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐治博士のへえ〜そうなんだ!?

/103 宇宙の中の自分を見つめる /愛知

悠久の時旅した星の光

 「真砂(まさご)なす数なき星の其中(そのなか)に吾(われ)に向ひて光る星あり」。これは明治の歌人、正岡子規が詠んだ代表作ですが、この歌ほど、星を見るということの意味を的確に表現した例は他にありません。それは、星と向き合うということは、通常の風景を眺める場合と違って、小さな光の一点と1対1で見つめ合うということだからです。見つめ合うということは、自分を見つめている相手の立場に立って逆に自分をみつめることを可能にします。

 たとえば、これからの季節、晴れた日の夜空を見上げると、私たちの銀河系のすぐ隣にあるアンドロメダ銀河…

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1429文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]