メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボローニャ展

介助犬使用者の木村さんが鑑賞 兵庫・西宮

介助犬デイジーとともに「2016イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」を鑑賞する木村佳友さんと、木村さんの妻美智子さん=西宮市大谷記念美術館で2016年8月21日、釣田祐喜撮影

 兵庫県宝塚市の介助犬使用者、木村佳友さん(56)が21日、介助犬デイジーとともに西宮市大谷記念美術館を訪れ、開催中の「2016イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」(毎日新聞社など主催)を鑑賞した。木村さんが約1時間半にわたり鑑賞する間、デイジーは木村さんの車いすの動きに合わせて静かに寄り添った。

     ボローニャ展は、子供や車いす利用者も見やすいように、通常より少し低い位置に作品を展示している。木村さんは1998年からほぼ毎年、介助犬とともに訪れており「今年は明るい作品が多く、楽しめた」と感想を述べた。昨年に続き一緒に館内を巡ったデイジーについて「いつものように落ち着いていた。介助犬に関する理解が広がってほしい」と話した。

     ボローニャ展は9月25日まで。問い合わせは大谷記念美術館(0798・33・0164)。【釣田祐喜】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺害容疑の姉 弟の遺書、偽装の痕跡 父後継ぎで対立か
    2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
    3. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
    4. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]