メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党代表選

前原元外相、動向焦点 中間派は態度保留

 民進党代表選で、立候補を模索する前原誠司元外相(54)の動向が焦点になっている。党内の支持を広げられるか情勢を見極めるが、前身の民主党も含めて初の女性党首を目指す蓮舫代表代行(48)が優勢との見方が強い。鍵を握る中間派は、どの候補を支援するか態度表明を先送りしている。来月2日の告示まで2週間を切ったが、前原氏は踏み切れない状況だ。【野口武則、松本晃】

 前原氏は19日、中間派グループを率いる大畠章宏元経済産業相ら大畠グループ幹部と国会内で約2時間会談…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1016文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです