メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千枚田耕作記

能登からみる農業/4 発足10周年「愛耕会」 伝統と挑戦、広がる活動 /石川

「白米千枚田愛耕会」代表の堂前助之新さん=石川県輪島市の白米千枚田で、堀文彦撮影

 輪島市の白米(しろよね)千枚田では稲穂が出そろい、穂先もやや垂れてきた。6月から毎月あったオーナー田の草刈りは今月21日、最後の3回目が済み、米作りは佳境に入っている。

 4月に始まった一連の体験で、私たちオーナー会員に毎回手ほどきをしてくれているのが、地元住民で作る「白米千枚田愛耕(あいこう)会」の皆さんだ。日々の棚田保全でも中心的な役割を担っている。

 2006年3月に発足し、今年10周年の節目を迎えた。それまで十数年間耕作を続けていた労働組合の連合…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1146文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです