メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/17 深刻な若い世代の自殺 ネット活用し、悩んでいる人を支援 /香川

発言する伊藤次郎さん(中央)=東京都千代田区で、玉木達也撮影

 「我が国における若い世代の自殺は深刻な状況にある」

 今年度の自殺対策白書(厚生労働省)の指摘は、年代別の死因をみれば明らかだ。

 白書によると、2014年の15〜39歳の死因は1位が自殺。男女別でみると男性は10〜44歳まで、女性は15〜34歳まで自殺が1位だった。

 この現状に強い問題意識を持ったNPO法人のメンバーらが9月11日、東京都内で「第1回若者自殺対策全国ネットワークフォーラム」を開く。「活動から見えてきた若者の自殺の実態と課題について」というテーマで、リレートークなどを行い、「若者の自殺に対して私たちは何ができるのか」について話し…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文687文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. ORICON NEWS 香取慎吾、パリ・ルーブル美術館で初の個展「僕のアート脳が爆発しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]