メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

CO2増加、海の吸収限界は? 「人類排出の3割溶け込む」海洋観測船で温暖化影響調査

主なCO2循環のイメージ

 化石燃料の使用で増え続ける二酸化炭素(CO2)。植物が光合成の際に吸収するほか、海も大きな吸収源の一つだ。しかし、地球温暖化が進んだ場合も吸収し続けられるのか、など分からないことも多く、各国で研究が進む。気象庁の海洋観測船に同乗し、観測の最前線を取材した。

 ●水深ごとに採水

 「水深800メートルまで下ろして、5層で採水する」

 7月下旬、相模湾のほぼ中央に停船した気象庁の海洋観測船「啓風丸」にアナウンスが響いた。採水用の10…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1067文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです