メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 熱い逆転 夢中で応援=村田諒太

 (カットは直筆)

 21日(日本時間22日)に閉幕したリオデジャネイロ五輪では、日本代表が大活躍しましたね。2020年東京五輪に向けた強化がうまくいっている団体は成績を残し、そうではないところは停滞していたような印象を受けます。こういった結果で、競技への取り組みの差も見えてきている気はします。

 五輪の素晴らしいところは、「五輪」という一つの大きな枠で、今まで興味のなかった競技でも、みんなが目にするところだと思います。僕自身も、卓球をこんなに夢中になって応援することなんて今までありませんでした。

 何が面白いって、一瞬で流れが変わってからの逆転劇などが、他のスポーツに比べて顕著に表れるところです…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1033文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  2. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  3. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 名古屋城復元 工期遅れ決定的に 有識者会議、解体方法を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです