メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

歌の別れはつまらなくなった=近藤勝重

 伊勢正三さん作詞、作曲の「22才の別れ」は、1975年の大ヒット曲だ。フォークグループ「かぐや姫」解散後に伊勢さんが結成した「風」のデビューシングルだった。

 22歳といえば、学生と社会人が入り交じる年齢である。青春を共にした男性と別れて結婚する女性の切ない心模様がうかがえ、あの時代はこんな乙女チックな女性がいたんだ、とつい感懐を抱く。

 谷村新司さん作詞、作曲の「22歳」は83年の歌だが、「22才の別れ」と比べると、その間の年月がもた…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです