メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶんかのミカタ

没後3年・山崎豊子再読 まるで図鑑、精緻な「大阪」=ノンフィクションライター 井上理津子

「花のれん」で直木賞を受賞した頃の山崎豊子さん。当時、学芸部記者として勤務していた毎日新聞大阪本社の図書室で=大阪市北区堂島で1958年7月、南川昭雄撮影

 作家、山崎豊子さんが亡くなって来月29日で3年。命日が「豊子忌」と名付けられ、さらなる顕彰が進む。大阪を出発点にした山崎作品の魅力を寄稿してもらった。

     ◇

 山崎豊子さんといえば『沈まぬ太陽』や『大地の子』など社会派小説の印象が強いが、“大阪もの”といわれる初期の小説群の面白さを知らない手はない。久しぶりに『ぼんち』『花のれん』『暖簾(のれん)』『女系家族』『しぶちん』を再読したが、翌日に響くとわかっていながら、ページをめくり続けてしまい、窓の外が白むこともたびたびとなった。

 承知のとおり、山崎さんの“大阪もの”の多くは、戦前の大阪商人たちが勤勉に働き、機転を利かせて成功し…

この記事は有料記事です。

残り1417文字(全文1711文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです