メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慰安婦少女像、ワシントンに設置計画

 【ワシントン西田進一郎】韓国系米国人団体などは24日、慰安婦問題を巡る昨年末の日韓合意を批判する集会を首都ワシントンの日本大使館前で開いた。主催団体の一つは、慰安婦を象徴する少女像をワシントン市内か隣接する州に設置する計画を明らかにした。ワシントン近郊では2014年、南部バージニア州の郡庁舎敷地内に慰安婦問題に関する石碑が設置されたが、慰安婦を象徴する少女像が首都近郊で設置されれば初とみられる。

 同州を拠点とする韓国系米国人による非営利団体「ナビ」の中心人物、チョ・ヒュンスクさん(38)が明らかにした。韓国の元慰安婦支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」と連携し、設置計画を最近始めたという。チョさんは「世代を超えて歴史を教育するものになる」と説明した。

 チョさんによると、日韓両国で移転を巡り問題となっているソウルの日本大使館前に設置されている少女像と同様の像を韓国から持ち込む予定。設置先はワシントン市内か隣接するメリーランド、バージニア両州内の公共空間を希望しており、自治体などとの協議を始めたい考えという。12月10日の「世界人権デー」までの設置を目指すとしている。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レゴランド 人気も料金も高く…開業1カ月で見えた課題
  2. 首相 大丈夫?答弁の解釈、辞書になく…言葉の粗雑さ露呈
  3. 社説 深刻さ増す人手不足 政府の危機感が足りない
  4. アクセス 大丈夫?首相の言葉 「そもそも=基本的に」辞書になし 訂正でんでん、私は立法府の長…粗雑さ露呈
  5. 有田陶器市 4キロに500店舗 401年目の熱気 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]