メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

作家の真継伸彦さん死去、84歳 仏教の本質に迫る

作家の真継伸彦さん

 仏教の本質に迫る小説などで知られ、社会問題や政治運動にも積極的に発言した作家の真継伸彦(まつぎ・のぶひこ)さんが22日、急性肺炎のため死去した。84歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は長男陽壮(ようそう)さん。

 京都市生まれ。京大独文科でリルケを研究。卒業後、大学などに勤めながら創作を続け、1963年、一向一揆を題材にした歴史小説「鮫(…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです