メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼平を歩く

江戸・東京今昔/41止 江戸グルメ 息づく歴史かみしめ /東京

酒屋時代からの歴史が詰まった鍵屋の店内と7代目店主、清水賢太郎さん=台東区根岸3で

 「五歩に一楼、十歩に一閤、みな飲食の店ならずということなし」。御家人で文人の大田南畝(おおたなんぽ)(1749〜1823年)が随筆「一話一言」で江戸の特色をこう表現した。町内を歩けば5歩ごとに小さな飲食店、10歩ごとに大きな飲食店があるという意味だ。大坂の歌舞伎狂言作者、西沢一鳳(いっぽう)(1802〜53年)は江戸に出てきて「一町内に半分は食い物屋なり」と随筆「皇都午睡(みやこのひるね)」に記している。

 時代小説「鬼平犯科帳」(池波正太郎著、文春文庫)はグルメ都市・江戸の描写も豊富だ。

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1536文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです