メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点整理・日本国憲法

緊急事態 東日本大震災で注目 権力の乱用懸念

 災害や有事の際の緊急事態条項が注目を集めたのは、2011年の東日本大震災だ。「緊急事態条項があれば迅速に対応できた」「大災害で衆院選ができず、(憲法が定めた)国会議員の任期が切れてしまうと国政の空白ができてしまう」−−などの議論が起きた。衆院憲法審査会では昨年5月、共産党を除く各党が緊急事態条項に言及した。

 00年設置の衆院憲法調査会でも「首相に権限を集中し一元的に事態を処理し、人権を平常時よりも制約する…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文785文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  4. キューバ 旅客機墜落 死者は110人に
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]