メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点整理・日本国憲法

緊急事態 東日本大震災で注目 権力の乱用懸念

 災害や有事の際の緊急事態条項が注目を集めたのは、2011年の東日本大震災だ。「緊急事態条項があれば迅速に対応できた」「大災害で衆院選ができず、(憲法が定めた)国会議員の任期が切れてしまうと国政の空白ができてしまう」−−などの議論が起きた。衆院憲法審査会では昨年5月、共産党を除く各党が緊急事態条項に言及した。

 00年設置の衆院憲法調査会でも「首相に権限を集中し一元的に事態を処理し、人権を平常時よりも制約する…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文785文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです