メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徒歩で帰宅する人たちなどでごった返す靖国通り=東京都千代田区で2011年3月11日、久保玲撮影

 首都直下地震で交通網がまひし、最大約800万人生まれると推定される帰宅困難者について、無理に帰宅しようとして2次被害に巻き込まれるリスクを減らそうと、防災の専門家が「普段から『帰宅しない訓練』をしておくべきだ」と呼びかけている。

 ●3日間職場に滞在

 政府は今年3月、首都直下地震に備え、救助の応援部隊の派遣や物資輸送など発生直後の対策を盛り込んだ応急対策活動計画をまとめた。

 計画では被災地の東京、埼玉、千葉、神奈川4都県に警察、消防、自衛隊計約14万人を派遣し、4都県の外…

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1380文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです