メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわりEYE

黒幕「モンスーン渦」

台風9〜11号が発生する前後の日本の南海上の大気追跡風の様子(矢印)。破線の内側がモンスーン渦=気象庁衛星センター提供の大気追跡風データを元に琉球大作成

 8月19〜20日に三つの台風が立て続けに発生した。台風9号は関東に上陸して列島を縦断、11号は北海道に上陸し、10号は日本の南を迷走している。なぜ複数の台風が同時に発生するのか。「モンスーン渦」という黒幕が関係している。

 モンスーン渦とは、日本の南海上で真夏に発生する低気圧のことである。直径約2500キロと、台風よりひと回り大きく、反時計回りの風を伴う。太平洋高気圧が弱まると出現し、2週間ほど持続する。渦の中で台風が次々と発生する。

 気象庁はひまわり8号の画像を使い、雲の動きから風の向きと強さを推定する。これを大気追跡風と呼ぶ。図…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文589文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]