メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ISS

「たんぽぽ実験」生命の材料となる「宇宙由来の有機物」キャッチ目指す 

「宇宙を旅する生命の『種』を見つけたい」と語る矢野創・JAXA宇宙研究所助教。後方は試料を初期分析するクリーンルーム=JAXA宇宙科学研究所で2016年8月4日、阿部周一撮影

矢野創JAXA宇宙科学研究所助教インタビュー

 タンポポの綿毛は風に乗って遠くへ運ばれ、そこで新たな芽吹きを迎える。宇宙でも、有機物などの生命の材料が天体から天体へと運ばれている。その実態を明らかにする日本の宇宙実験「たんぽぽ実験」が、地球の高度約400キロの国際宇宙ステーション(ISS)で進行中だ。実験は2015年に始まり、27日未明(日本時間)に最初の試料が地球へ帰ってきた。そこからどんな「綿毛」が見つかるだろうか。【永山悦子、阿部周一】

 地球の生命は、宇宙から彗星(すいせい)や小惑星などによって運ばれてきた有機物が材料になって育まれた…

この記事は有料記事です。

残り5857文字(全文6130文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]