メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の20年

北田暁大が聞く 第5回 ゲスト・原武史さん 「生前退位」(その2止)

踏み込んだ「お気持ち」 天皇制を再考する時期

 原 その中に、実は国体が継承されているんじゃないか。昭和との連続性を感じます。イデオロギッシュだった国体の姿が、より一人一人の身体感覚として染み渡っていくというか、強化されているのではないか。こうした行幸啓を続けることで、いつの間にかそれが皇室の本来の姿のように映るようになった。

 北田 すごい発明ですよね。平成天皇制。

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1258文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]