メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球科学可視化技術研究所

化石研究者、産総研にベンチャー企業 地形の精密模型開発 防災教育などへの活用期待 /茨城

富士山周辺の無地の地形に、国土地理院の地図の画像を投影した模型。中央奥が富士山

 地形の精密模型を開発するベンチャー企業「地球科学可視化技術研究所」が、産業技術総合研究所(産総研、つくば市東1)内に設立された。無地の模型に地質ごとに色分けした画像などを投影するため「コンピューターグラフィックス(CG)より直感的に地形を理解できる」と高評価。防災教育や街歩きツアーでの参考資料など、多方面での活用が期待されている。【大場あい】

 設立したのは産総研の地質標本館学芸員、芝原暁彦さん(38)。国土地理院が公開しているデータを基に、…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文792文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け
  3. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです