メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

左義長作り

近江八幡で大詰め フランス人芸術家も参加 10月、長浜・日本の祭りで披露へ /滋賀

地域の人たちとの交流を楽しみながら、左義長のダシ作りを手伝うフランス人芸術家たち=滋賀県近江八幡市大杉町で、金子裕次郎撮影

 長浜市で10月29、30の両日に開かれる「日本の祭りinながはま 2016」に参加する近江八幡市の左義長作りが、同市大杉町の作業所で大詰めを迎えている。左義長に掲げられるダシ飾り作りには、市内で9月17日から開かれる国際芸術祭「BIWAKO ビエンナーレ 2016」に彫刻や映像などを出展するフランス人芸術家も参加。日本の伝統文化に触れ、地域の人たちとの交流を楽しんでいる。

 この左義長は、毎年3月に日牟礼八幡宮で開かれる「左義長まつり」の主役となる大たいまつで、食品を材料…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです