メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の道を行く

新たな山陰観光ルート/11 石見銀山地区 自然と共生、鉱山運営 /鳥取

鞆ケ浦の沖合から眺める石見銀山の山並み(後方)=関谷徳撮影

 2007年にアジア初の産業遺跡として世界遺産に認定された「石見銀山遺跡とその文化的景観」(島根県大田市)。来年は世界遺産登録10年を迎える。石見銀山は、環境に配慮し、自然と共生した鉱山運営が評価され、遺跡は「銀鉱山跡と鉱山町」「石見銀山街道」「港と港町」の3エリア。坑道跡の間歩(まぶ)、大森地区の街並み、温泉津(ゆのつ)温泉など、それぞれの魅力を発信している。

 石見銀山では、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて、大量の銀が採掘された。日本は最盛期には世界の銀…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1132文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです