メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

無知が生んだ差別を知って 「ハンセン病と人権 夏期セミナー」

セミナーで平沢さん(左)の講演に聴き入る参加者たち=東京都東村山市の国立ハンセン病資料館で

 東京都東村山市の国立ハンセン病資料館(成田稔館長)が昨年初めて実施した「ハンセン病と人権 夏期セミナー」は2回目の今年、定員50人を倍以上上回る118人が参加した。隔離政策の歴史や社会の無関心で多くの患者や元患者が苦しめられたハンセン病問題について体系的に学べるため、人権教育の授業づくりに生かせると、特に教員らに好評だ。

この記事は有料記事です。

残り2407文字(全文2569文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです