メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 夏休みが終わり、間もなく秋の行楽シーズン。旅行に遠足、体験教室と、子どもたちが乗り物で移動する機会が増える。つらい乗り物酔いを防いで、楽しい思い出を作りたい。

 ●病名は「動揺病」

 乗り物酔いの歴史をさかのぼると、紀元前5世紀ごろにたどり着く。

 「ヒポクラテスの時代にはもう、地震でもないのに揺れているような感覚に陥る『地震酔い』があった。視覚情報と平衡感覚にずれが生じ、自律神経が乱れるメカニズムは乗り物酔いと同じ。人類は昔から、苦しんできた」

 目まい治療の第一人者である川越耳科学研究所クリニック(埼玉県川越市、電話049・226・3387)…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1547文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]