メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 夏休みが終わり、間もなく秋の行楽シーズン。旅行に遠足、体験教室と、子どもたちが乗り物で移動する機会が増える。つらい乗り物酔いを防いで、楽しい思い出を作りたい。

 ●病名は「動揺病」

 乗り物酔いの歴史をさかのぼると、紀元前5世紀ごろにたどり着く。

 「ヒポクラテスの時代にはもう、地震でもないのに揺れているような感覚に陥る『地震酔い』があった。視覚情報と平衡感覚にずれが生じ、自律神経が乱れるメカニズムは乗り物酔いと同じ。人類は昔から、苦しんできた」

 目まい治療の第一人者である川越耳科学研究所クリニック(埼玉県川越市、電話049・226・3387)…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1547文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです