メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 夏休みが終わり、間もなく秋の行楽シーズン。旅行に遠足、体験教室と、子どもたちが乗り物で移動する機会が増える。つらい乗り物酔いを防いで、楽しい思い出を作りたい。

 ●病名は「動揺病」

 乗り物酔いの歴史をさかのぼると、紀元前5世紀ごろにたどり着く。

 「ヒポクラテスの時代にはもう、地震でもないのに揺れているような感覚に陥る『地震酔い』があった。視覚情報と平衡感覚にずれが生じ、自律神経が乱れるメカニズムは乗り物酔いと同じ。人類は昔から、苦しんできた」

 目まい治療の第一人者である川越耳科学研究所クリニック(埼玉県川越市、電話049・226・3387)…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1547文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ORICON NEWS 楽天・松井裕樹&石橋杏奈が結婚「より一層野球に精進」
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです