メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 樋口良澄さん

樋口良澄さん 関東学院大客員教授=東京都千代田区で2016年7月25日、猪飼健史撮影

 ■鮎川信夫、橋上の詩学 樋口良澄(ひぐち・よしずみ)さん 思潮社・2916円

戦争を通過した表現

 鮎川信夫(1920〜86年)は戦後詩を代表する詩人で、今年が没後30年に当たる。作品の魅力とともに、それを支えた方法の根源を明らかにした力作だ。資料も新たに発掘した。

 著者は関東学院大で編集文化論を教える。80〜86年には雑誌「現代詩手帖」編集長を務め、晩年の鮎川と親しく接した。「優しく、深みのある人でした」。高校2年の時にその詩に出会って以来、世界の存在自体を捉えようとする批評的な表現にひかれてきた。それだけに鮎川が脳出血で急死したのはショックだった。

 この本では、戦前から日中戦争期にかけて、鮎川の父親が出していた天皇制ファシズムに基づく修養雑誌の編…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文902文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです