メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音WAKA

演歌歌手・宮本静さん 歌で古里の魅力、再確認 /和歌山

「和歌山の魅力を歌います」と話す宮本さん=和歌山県紀の川市西野山の青洲の里で、最上和喜撮影

 今年6月にメジャーデビュー1周年を迎えた紀の川市在住の演歌歌手、宮本静さん。インディーズ時代から、「和歌山の魅力を歌い上げよう」と、和歌山の名所や偉人を題材にした楽曲を製作し、「ふるさと癒やし歌」と銘打って歌ってきた。現在は、450年以上の歴史があるといわれる田辺市の闘鶏神社の例祭「田辺祭」を題材として、17番目の歌づくりに取り組んでいる。

 宮本さんがふるさと癒やし歌を発表し始めたのは2010年。以降、「和歌山ラーメンの歌」などオリジナル…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです