メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音WAKA

演歌歌手・宮本静さん 歌で古里の魅力、再確認 /和歌山

「和歌山の魅力を歌います」と話す宮本さん=和歌山県紀の川市西野山の青洲の里で、最上和喜撮影

 今年6月にメジャーデビュー1周年を迎えた紀の川市在住の演歌歌手、宮本静さん。インディーズ時代から、「和歌山の魅力を歌い上げよう」と、和歌山の名所や偉人を題材にした楽曲を製作し、「ふるさと癒やし歌」と銘打って歌ってきた。現在は、450年以上の歴史があるといわれる田辺市の闘鶏神社の例祭「田辺祭」を題材として、17番目の歌づくりに取り組んでいる。

 宮本さんがふるさと癒やし歌を発表し始めたのは2010年。以降、「和歌山ラーメンの歌」などオリジナル…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文898文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、3連敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです